香川県 観光 遊び歩き情報Top >  四国のアウトドア >  北山 東かがわ市


ETC

北山 東かがわ市

kitayama_01.jpg
県道122号線沿い、野遊び屋の裏山だ。

標高は262メートル。30年ほど前までは地元の人々の「里山」として、生活の一部になっていたが、人が入らなくなるにつれて荒れてしまい、2003年まで道らしい道は草木に埋まっていた。

ふとしたことがきっかけで、かつての登山道を蘇らせようと野遊び屋と地元のおじさん達が集まって整備活動をはじめ、今も「北山ボランティア会」として活動を続けている。

北山の登り口はJR丹生駅方面からと、山の北側「渡辺鉄工サービス」からの二つが主な登り口。

鉄工所側から登りはじめると、まず竹林が現れ、そのまま道なりに頂上への分岐となる「てんこ越え峠」に続いている。

3、40年前、渡辺さんたちが小学生だった頃は、峠までの道を通って山向こうの学校へ行っていたという。今の小学生も学校は変わらないが、スクールバスでの通学らしい。
峠までは余裕シャクシャク「遠足ルート」。ボランティア会が設置した竹のベンチがあるので、咽喉を潤そう。ここから先はそれまで軽快だった足と口は確実に重くなる。

道は一本でわかりやすくつながっているが、頂上まで一気に続く急斜面で、かなりきついのだ。手で岩を掴みながら登る場面もある。低山となめることなく、足元はしっかりした靴で固めたい。

木のトンネルを抜け、明るくなったら壊れた祠のようなものが見える。それが北山の頂上だ。女島、丸亀島がちょうど真下に見える。

春は海藻との陰影で海の青さに変化があるし、冬には白波が筋をつける。
5月から6月には雲海が楽しめることもある。

個人的に一番好きなのは、3月下旬から4月上旬の桜の時期だ。

kitayama_02.jpg

この北山、山桜が非常に多く、満開になると山全体がボウっと
ピンクに染まる。お花見しながらの散策が気持ちいい。

海側へ少し下っていくと岩のある眺望ポイントがあるので、津田方面まで大きくパノラマで広がる。
海からすぐ近くの北山トレッキング、高くはないけれど、登りごたえあり、見ごたえありのオススメトレッキングが楽しめる。


北山DATA

香川県東かがわ市馬篠

アクセス
車:県道122号線沿い渡辺鉄工上から登山口あり
電車:JR高徳線丹生駅下車 登山口まで徒歩10分
トイレ なし

北山へ登られる方は野遊び屋へお立ち寄り下さい、北山情報などお伝え致します。その他、野遊び屋では北山のトレッキングツアーも行っております。

関連エントリー

香川県 観光 遊び歩き情報Top >  四国のアウトドア >  北山 東かがわ市

Edit