香川県 観光 遊び歩き情報Top >  風呂 温泉 >  塩江温泉郷 行基の湯 高松市塩江町


ETC

塩江温泉郷 行基の湯 高松市塩江町


gyoki_02.jpg

国道193号線をひた走ると、徳島との県境近くに「讃岐の奥座敷」といわれる塩江温泉郷がある。奈良時代、名僧行基が開き、弘法大師が世に広めたのが始まりという香川を代表する温泉地。

何軒も温泉宿が立ち並び、たいてい日帰り温泉が楽しめるのでオススメのお風呂も沢山あるけれど、まずは温泉郷の由来をズバリ名前にした「行基の湯」。

gyoki_01.jpg

行基の湯には「道の駅しおのえ」から香東川に架かる「行基橋」を渡っていく。湯煙、浴衣、硫黄の匂いなど、日本人には温泉気分を盛り上げるモノがいろいろあるが、橋というのもなかなかの演出効果があるんじゃなかろうか?

比較的新しい温泉ながら、スーパー銭湯風の頭でっかちな風体ではなく、建物のつくりは純和風。山々に囲まれた周りの景色からも浮いた感じがしない。しかも、公営温泉のため入浴料も400円(大人)と控え目。

内風呂のヒノキ風呂に、うたせ湯つきの露天風呂、それから低温サウナの岩風呂があって、外観同様、どれも昔風の落ち着いた雰囲気で、天井にはむき出しにの太い梁が通っており、照明もおぼろげで風情がある。

心底ほっこりできるお風呂なのだ。
白濁したお湯は高血圧、動脈硬化症などに効果ありとのこと。

温泉で力を抜ききった後は、囲炉裏のある休憩室でビールを一杯、というのがタマラナイ。


塩江温泉郷 行基の湯DETA

場所:高松市塩江町安原上東37−1
グーグルマップ:http://motue.com/sionoe.html
電話:087-893−1126
定休:第1、第3月曜日(祝日の場合は翌日が休み)
泉質・効能:アルカリ性低張性冷鉱泉、高血圧、動脈硬化症、糖尿病など

*シャンプー、リンス、ボディーソープの備え付けなし(売店で販売)
*タオルの貸し出しなし
*ドライヤーあり

駐車場:専用駐車場あり
アクセス:国道193号線(塩江街道)
施設:休憩所、食堂、竹細工工房

周辺:88番大窪寺、竜王山、大滝山、不動の滝、道の駅しおのえ

関連エントリー

香川県 観光 遊び歩き情報Top >  風呂 温泉 >  塩江温泉郷 行基の湯 高松市塩江町

Edit